潜航板

Abstract

【課題】潜航板を用いたトローリングでは、潜航板の挙動によって、疑似餌の動きが変わり、魚の食い付きが左右される。そのため、本発明では、疑似餌の挙動を生餌に近づけることで魚の食い付きを向上させて漁獲量を増大させることができる潜航板を提供する。 【解決手段】本発明では、前端上部側に道糸を接続するとともに、後端下部側に鉤素を接続する潜航板において、全体を前後に伸延する矩形薄板形状とし、前後に湾曲させることにした。また、本発明では、上面を左右に湾曲させることにした。さらに、本発明では、前端部の幅を後端部の幅よりも狭くするとともに、前端部中央の厚みを後端部中央の厚みよりも薄くすることにした。 【選択図】図2

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (2)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2009050197-AMarch 12, 2009North Japan Port Consultants Co Ltd, 北日本港湾コンサルタント株式会社Diving plate, fishing tool using diving plate and fishing method
      JP-H09131-AJanuary 07, 1997Toshinobu Uchino, 利信 内野Boat shaped fishing gear

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle