サバイビン発現を調整するためのオリゴマー化合物

Abstract

本発明は、サバイビンの発現を調整するために、サバイビン遺伝子に対するオリゴヌクレオチドを提供する。本組成物は、サバイビンをコードする核酸を標的とするオリゴヌクレオチド、特にアンチセンスオリゴヌクレオチドを含む。サバイビン発現の調整、およびサバイビンの過剰発現、突然変異型サバイビンの発現またはその両方に関係する疾患の処置を目的として、これらの化合物を使用する方法を提供する。疾患の例は癌、例えば肺、乳房、結腸、前立腺、膵臓、肺、肝臓、甲状腺、腎臓、脳、精巣、胃、消化管、腸、脊髄、洞、膀胱、尿路および卵巣の癌である。本オリゴヌクレオチドは、デオキシリボヌクレオシドもしくは核酸類似体(例:ロックト核酸など)またはそれらの組合せから構成され得る。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (2)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      US-2002137708-A1September 26, 2002Bennett C. Frank, Swayze Eric E., Ackermann Elizabeth J., Cowsert Lex M.Antisense modulation of survivin expression
      WO-02094250-A2November 28, 2002Cureon A/SUtilisations therapeutiques d'oligonucleotides modifies par lna dans des maladies infectieuses

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (2)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2009171895-AAugust 06, 2009Hitachi Software Eng Co Ltd, Japan Biological Informatics Consortium, National Institute Of Advanced Industrial & Technology, 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社, 独立行政法人産業技術総合研究所, 社団法人バイオ産業情報化コンソーシアムMethod for analyzing function of intranuclear non-coding rna
      JP-2015093853-AMay 18, 2015学校法人東京理科大学, Tokyo Univ Of ScienceBoranophosphate compound and nucleic acid oligomer