炭素ダクトプレートを備えたインクジェットプリンタで用いるのに適した融解性インク

Abstract

本発明は、インクを受容側材料に像様に転写するためのインクジェットプリントヘッドと組み合わせられる、室温で固体であるが温度が上昇すると液体になる融解性インクに関するが、プリントヘッドは多数のインクダクトを備え、インクダクトは各々がそのダクトからインク滴を噴出するための開口部に至り、このダクトは基本的に炭素製であるダクトプレートに形成され、インクは炭素中に浸入することが可能であり、この炭素製のエレメントが130℃の温度で20時間にわたってインクに漬けておかれると、このエレメントの質量の増加率が1.5%を超えるようになっている。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (2)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2001158096-AJune 12, 2001Spectra Inc, スペクトラ インコーポレイテッドSimple ink-jet head
      JP-H1158741-AMarch 02, 1999Spectra Inc, スペクトラ インコーポレイテッドSimple ink jet head

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (2)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2004043780-AFebruary 12, 2004Oce Technol Bv, オセ−テクノロジーズ ビーブイ易溶性インク組成物
      JP-4553558-B2September 29, 2010オセ−テクノロジーズ ビーブイ易溶性インク組成物