5置換ピラジン又はピリジングルコキナーゼ活性化物質

Abstract

本発明は、式(I)の化合物を提供し、ここで、置換基の名称は明細書に記載されている。式(I)の化合物を含む医薬組成物もまた提供されており、前記化合物は、II型糖尿病の治療に有用であるグルコキナーゼ活性化物質である。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (2)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2002540196-ANovember 26, 2002エフ.ホフマン−ラ ロシュ アーゲーグルコキナーゼ活性化物質
      WO-0183478-A2November 08, 2001F. Hoffmann-La Roche AgActivateurs de glucokinase contenant de l'hydantoine

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (8)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2010540679-ADecember 24, 2010アドビヌス・セラピューティクス・プライベート・リミテッドグルコキナーゼアクチベータとしてのアセトアミド誘導体、その製法及び医薬応用
      JP-2011517692-AJune 16, 2011エフ.ホフマン−ラ ロシュ アーゲーF. Hoffmann−La Roche Aktiengesellschaftピロリジノングルコキナーゼアクチベーター
      JP-2013542994-ANovember 28, 2013アセチロン ファーマシューティカルズ インコーポレイテッドAcetylon Pharmaceuticals,Inc.蛋白質脱アセチル化酵素抑制剤としてのピリミジン水酸基アミド化合物およびその利用方法
      JP-2015129133-AJuly 16, 2015メタバシス・セラピューティクス・インコーポレイテッドMetabasis Therapeutics, Inc., Metabasis Therapeutics Inc, メタバシス・セラピューティクス・インコーポレイテッドMetabasis Therapeutics, Inc.Glucagon antagonists
      JP-2017019820-AJanuary 26, 2017アセチロン ファーマシューティカルズ インコーポレイテッドAcetylon Pharmaceuticals,Inc., Acetylon Pharmaceuticals Inc, アセチロン ファーマシューティカルズ インコーポレイテッドAcetylon Pharmaceuticals,Inc.蛋白質脱アセチル化酵素抑制剤としてのピリミジン水酸基アミド化合物およびその利用方法
      JP-5248327-B2July 31, 2013杏林製薬株式会社, 帝人ファーマ株式会社グルコキナーゼ活性化物質
      US-9783494-B2October 10, 2017Metabasis Therapeutics, Inc.Glucagon antagonists
      WO-2008078674-A1July 03, 2008Kyorin Pharmaceutical Co., Ltd., Teijin Pharma Limitedグルコキナーゼ活性化物質